不動産の買取とは?仲介と買取の違いやメリット・デメリットを解説

2022-02-15

不動産の買取とは?仲介と買取の違いやメリット・デメリットを解説

不動産を売るときに一般的な方法は、不動産会社を通して買主を探す「仲介」ですが、「買取」にも多くのメリットがあることをご存じですか?
大きな財産を手放すときは、さまざまな方法を知ったうえで手段を選ぶことが大切です。
そこで今回は、平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却を検討中の方に向けて、買取と仲介の違いや、メリット・デメリットを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売るときに知っておきたい買取と仲介の違いとは?

まずは不動産売却における買取と仲介の違いをみていきましょう。
買取とは?
買取は、不動産会社が土地や建物をお客様から直接買い取る方法です。
仲介とは?
冒頭でも触れたとおり、不動産会社に売主と買主の仲介を依頼し、成約時に成功報酬として仲介手数料を支払う方法です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売るときに買取を選ぶメリット・デメリットとは?

買取がどんなものかわかったところで、メリット・デメリットをみていきましょう。

買取を選ぶ5つのメリット

すぐに現金化できる
買取は、早ければ1週間以内に取引が完了し、すぐに現金化できます。
一方で仲介は、不動産の売り出しから取引成立まで3~6か月かかると言われていて、物件によっては年単位でかかるケースもあります。
仲介手数料がかからない
不動産会社が土地や建物を買い取るので、仲介手数料が必要ありません。
隣人・知人に気付かれない
買取は、短期間で取引が完了することと、取引の相手が不動産会社のみなので、周囲に気付かれることはほとんどありません。
一方で仲介は、内覧や広告掲載で周囲に不動産を売り出していることで気付かれる可能性があります。
契約不適合責任がない
買取は、売主の建物に対する契約不適合責任が免除になるのが一般的です。
一方で仲介は、不動産を引き渡したあとに買主に伝えていない欠陥などが見つかった場合、売主が契約不適合責任を負う可能性があります。
内覧が必要ない
住みながらの売却で、とくに手間のかかる内覧が必要ありません。

買取を選ぶ1つのデメリット

仲介と比べて売却価格が安くなる
仲介の場合は基本的に市場価格で取引されますが、買取の売却価格は市場価格の7~8割程度になると言われています。
数多くのメリットがあるにもかかわらず、仲介を選ぶ方が多いのは、金額面のデメリットによるものです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産の買取は、仲介手数料がかからない点や、短期間で取引が完了する点など、数多くのメリットがあることがわかりました。
買取と仲介のメリット・デメリットを見比べて、ご自身のご希望やご事情にあった売却方法を選びましょう。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

甘田 新一が書いた記事

売却査定

お問い合わせ