負動産を富動産へ!不動産売却や賃貸物件としての活用方法をご紹介

2022-02-22

負動産を富動産へ!不動産売却や賃貸物件としての活用方法をご紹介

みなさんは不動産における負動産、富動産という考えを知っているでしょうか。
もしくは、所有している物件が負動産と富動産のどちらであるのか考えたことはあるでしょうか。
本記事では負動産とは何か、また負動産を富動産に変えていくための具体的な解決法について解説します。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産を所有している方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に知っておきたい負動産とは?

まず負動産とは、所有していると経済的にマイナスとなってしまう不動産のことを指します。
不動産というものは所有しているだけでも固定資産税や維持費などによってお金がかかってくるものですよね。
もし、不動産を何らかの形で利活用していないと、この負動産となってしまいます。
また、逆に所有していると経済的にプラスとなる不動産を富動産と言います。
不動産を負動産にしないためには、相続が発生する前に所有不動産についてきちんと話を済ませておくことや、不動産の価値が下がる前に売却を検討することが大切です。
所有物件を確認し、経済的にマイナス(負動産)であるかプラス(富動産)であるかしっかりと確認しておきましょう。
もし、負動産であれば富動産に変える取り組みが必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却?賃貸物件としての活用?負動産を富動産にする解決法

負動産から富動産に変える方法としては、賃貸物件として貸し出す、不動産売却を検討するの2つが主な方法です。
それぞれの特徴を確認し、自分に合った方法を用いていきましょう。

賃貸物件として貸し出す

負動産は経済的にマイナスであることがデメリットです。
もし所有している不動産がそのまま貸し出せる場合は、賃貸物件として貸し出すことで富動産へ変えることが可能です。
田舎にある不動産など、なかなか借り手が見つからないような場合には、移住者向けの賃貸物件にしたり、地域の老人ホームとして活用したりする方法があります。
貸出方法には多くのものがありますので、地域や物件の特性にあった方法を用いていきましょう。

不動産売却をおこなう

負動産を所有している場合には、思い切って不動産売却を検討することもおすすめです。
負動産は所有しているだけで経済的にマイナスですが、うまく売却できれば売却益を受け取ることができます。
また仲介による不動産売却の手間が面倒に感じる場合には、不動産会社に直接売却する買取という方法があります。
負動産の利活用が難しい方、面倒な方はこちらの方法を積極的に用いていきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

本記事では負動産とは何か、負動産から富動産へ変える解決法について解説しました。
負動産は持っているだけで経済的にマイナスになるため、早急な対応が必要なものです。
もし負動産を所有しているのであれば、タイミングを逃さないように解決法をおこなっていきましょう。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

甘田 新一が書いた記事

売却査定

お問い合わせ