不動産売却をなるべく早くおこなう方法とは?注意点も解説

2022-02-22

不動産売却をなるべく早くおこなう方法とは?注意点も解説

一般的に、不動産売却は完了するまでに3~7か月ほどかかると言われています。
しかし、人によっては転勤や出産などでなるべく早く不動産売却をおこないたい場合もありますよね。
そこで、本記事では不動産売却をなるべく早くおこなう方法とその際の注意点を解説します。
不動産売却を早く完了したいと思っている方は、ぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を早くおこなう方法

結論から申し上げますと、一番早く不動産売却がおこなえるものは「買取」です。
買取は不動産会社との直接的な売買であるため、買い手を見つける必要がありません。
そのため、不動産売却において時間がかかる買い手を見つける手順(広告、内覧など)が省けることから、比較的早く売却が完了するのです。
具体的には、仲介売買では3~7か月ほどかかる売却が、買取では数日から1か月程度でおこなえます。
また、あくまでも直接的な売買であるため、買取では仲介手数料がかかりません。
なるべく早い不動産売却は買取がもっとも良いということを覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産をなるべく早く売却したいときの注意点

なるべく早く不動産を売却しようとする際には、いくつかの注意点があります。
事前に注意点を知っておくことでスムーズな不動産売却につながりやすいため、必ず確認しておきましょう。

注意点1:買取の場合は売却額が相場より割安になる

ひとつめは、買取を利用した場合には売却価格が通常相場の70~80%程度になるという点です。
一般的に、不動産会社は買取をおこなった後にリフォームなどの手入れをおこない、再販します。
そのため買取ではその分も考慮し、相場よりも安い金額で査定がおこなわれることが多くなります。
そのかわりに買取には不動産仲介時のような煩雑な手間は必要なく、早期に現金化できるといった大きなメリットが存在します。
早く売却するメリットと売価額のデメリットを天秤にかけ、自分にはどちらが適しているのかしっかりと考えてみましょう。

注意点2:早く売りたいからといって焦りすぎないこと

ふたつめは焦りすぎて、交渉時に不利な立場にならないようにすることです。
何らかの理由で早く売却をおこないたい方は、場合によっては不本意な条件交渉に応じてしまいそうになるかもしれません。
しかし後々になって価格や条件面で不満が出ないように、不動産売却はしっかりと考えながらおこなう必要があります。
冷静になり、分からないことは不動産会社へ相談をおこないながら売却を進めていきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

もっとも早く不動産売却をおこなう方法は買取です。
何らかの理由で早く売却したい方は、弊社で期日など詳しい売却条件のご相談を承っております。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

甘田 新一が書いた記事

売却査定

お問い合わせ