不動産売却の新たな選択肢!リースバックのメリット・デメリットとは?

不動産売却の新たな選択肢!リースバックのメリット・デメリットとは?

住宅ローンの返済が厳しくなり、不動産売却を考える方は年々増えています。
何らかの理由で住宅ローン返済が難しくなった場合、家を手放したくない方におすすめなのがリースバックです。
今回は不動産売却をお考えの方に、リースバックとはなにか、そのメリット・デメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をしても住み続けられる?リースバックとは?

住宅ローンは、どんなに慎重に返済計画を立てていても、病気や会社の業績悪化による給与削減などで返済が厳しくなることも珍しくありません。
月々の返済が困難になると、不動産売却を検討することになりますが、自宅を離れることは避けたい方も多いでしょう。
そんなときに、おすすめの選択肢が不動産のリースバックです。
リースバックとは、不動産売却をしても自宅を賃貸物件として引き続き住み続けることのできる仕組みです。
リースバックでは、買主が貸主となり、家賃としてリース料を毎月支払います。
住宅ローンが残っていても利用可能で、売却代金で残債を支払うことが可能です。
なお、住宅ローンの残債が売却価格を上回るオーバーローンの場合はリースバックの利用は難しいです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でおすすめのリースバックのメリット・デメリット

リースバックのメリットは、売却後も住み慣れた自宅から離れる必要がないところです。
とくにお子さまがいる場合は、転校や環境の変化は避けたいですよね。
自宅を売却して近所の賃貸物件に引っ越しすることとなれば、周囲に家計の状況を詮索されてしまいますが、リースバックであればその心配もないでしょう。
引っ越し費用や賃貸物件の初期費用などの住み替えコストも必要ありません。
もう一つリースバックの大きなメリットは、まとまった現金が調達できることです。
老後資金や教育資金など、借金をせずに確保することが可能です。
リースバックの条件によっては、将来的に買い戻すことができるのもメリットです。
一方でデメリットは、売却価格が周辺相場よりも安くなるところです。
リース料に関しても、周辺の家賃相場よりも高くなる可能性があるので、家計に負担が本当にかからないのか検討が必要です。
あくまでも賃貸物件なので、リース料の値上げや契約の更新が拒否されれば、住み続けることが困難になるでしょう。
自分の所有する住宅ではないので、新たな貸主が提示するルールを守る義務も生じます。
買い戻しに関しても、期限などの条件によっては、現実的に厳しいでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

リースバックはメリットが多いですが、リース料や売却価格に関しては注意が必要です。
リースバック後のトラブルを防ぐためには、契約更新や買い戻しに関する契約内容をしっかりと精査することが大切ですね。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

関連記事

売却査定

お問い合わせ