相続した不動産を分筆して売却するには?分筆のメリットと方法をご紹介

相続した不動産を分筆して売却するには?分筆のメリットと方法をご紹介

複数人で相続した不動産は共有名義になっているケースが多くあり、その不動産の一部である自分の持分のみを売却するには、土地の分筆をおすすめします。
今回は、平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方に向けて、分筆して売却する際のメリットと分筆方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

分筆とは?不動産の一部を売却するために

相続などにより共有名義になっている1つの不動産をまとめて売却するには、共有者全員の合意を得ることで可能です。
また、共有名義の不動産の一部である自分の持分の権利を売却することも可能ですが、利用価値の低さなどから相場価格での売却は難しいうえ、共有者間でトラブルに発展するケースも多くあります。
そこで、自分の持分のみを売却するには分筆することをおすすめします。
分筆とは
分筆とは、1つの土地を2つ以上の土地に分けて登記することです。
分筆をおこなうと、土地の地番が変わりそれぞれ独立した土地として扱われます。
共有名義の土地を分筆することにより、通常の相場価格での売却が可能となります。
分筆と分割との違いとは
分割は、分筆と混同されがちですが、2つの違いは登記をするかどうかです。
土地の一部の売却が目的であれば分筆を、1つの土地に複数の建物を建てることが目的であれば分割を利用すると良いです。
反対に、複数の土地を1つにまとめるには合筆をおこないます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を分筆して売却するメリット・デメリット

共有名義の土地を分筆するメリットは、それぞれ異なる用途での利用が可能となる点で、宅地として分筆後に売却することで通常の売買取引が可能となります。
デメリットとしては、もともとの土地の状態によっては分筆することにより使い勝手の悪い土地になってしまう可能性が考えられます。
分筆により土地面積が狭くなることで建築の制限がでてしまうと、買い手も付きにくくなります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を分筆して売却する方法

共有名義の不動産を分筆する方法をみていきましょう。

  • 土地家屋調査士へ依頼
  • 事前調査
  • 分筆案の作成
  • 境界確定測量
  • 境界標を設置
  • 現地立ち会い
  • 分筆登記

このような手順で分筆の手続きを進め、分筆登記の申請から1週間ほどで登記完了証と登記識別情報通知書を受け取ることができ、ここからは通常どおりの売却が可能です。
分筆をする際は、どのような形で土地を分筆するかがとても重要なので、個人で判断せずに専門家に相談しましょう。
また、隣地の所有者の立ち会いが必要であるなど、手続き完了までに時間がかかるため、売却を検討し始めたら早めに動きだすことが大切です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

分筆をおこなう際には土地家屋調査士の存在が必要不可欠ですが、まずは弊社へご相談ください。
状況に応じたアドバイスをさせていただきます。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

関連記事

売却査定

お問い合わせ