任意売却で引っ越し費用は出してもらえる?競売との違いとは?

2022-05-10

任意売却で引っ越し費用は出してもらえる?競売との違いとは?

任意売却とは、住宅ローンの返済が滞ったときに、売却によって生活を再建する方法です。
任意売却は競売とは異なり、借り入れ先金融機関から引っ越し費用を出してもらえる可能性があります。
今回は住宅ローンの返済にお悩みの方、任意売却をお考えの方に向けて、任意売却と引っ越し費用の関係についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却で引っ越し費用は出してもらえる?競売との違いとは?

任意売却とは、何らかの事情で住宅ローンが支払えなくなったときに、競売を回避して売却する方法です。
借り入れをしている金融機関との交渉が必要ですが、競売と違いプライバシーも守られ、メリットも多いです。
通常の不動産売却とほぼ同じ方法で売却できるので、競売よりも多くの利益を得ることができるでしょう。
残債を減らせるうえに、残ったローンも無理のない範囲で返済していけるので、生活を立て直しやすいです。
そして、任意売却のメリットとしてよく挙げられるのが、金融機関が引っ越し費用を出してくれる可能性があることです。
新たに新居を探す場合も、引っ越し費用にくわえて敷金礼金などの資金が必要になります。
任意売却を選択している時点で、多額の自己資金が用意できないケースが多いので、引っ越し費用を出してもらえるかは重要なポイントです。
しかし、引っ越し費用の捻出はあくまでも債権者の善意によるものであり、交渉が必要です。
一般的に任意売却で都合してもらえる引っ越し費用の相場は、10万円から30万円程度です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

任意売却で引っ越し費用が出るケースと出ないケース

お伝えしたとおり、任意売却では引っ越し費用を出してもらえる可能性はありますが、債権者にとって義務ではありません。
引っ越し費用を出してもらえるケースは、売却によって多くの利益が得られた場合や、早めに引っ越しをしたほうが、売却がスムーズに進む場合です。
一方で、交渉がうまくいかなければ、引っ越し費用を出してもらえないこともあります。
金銭的に頼れる身内がいる場合や、車などの家財を処分すればある程度の資金が調達できる場合も、引っ越し費用が出ない可能性が高いです。
引っ越し費用を出してもらうには、引っ越し費用の工面が困難であることを率直に伝え、理解してもらう必要があります。
あくまでも交渉次第なので、自力で引っ越しする方向で計画を立てておくほうが賢明でしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は住宅ローンの返済にお悩みの方、任意売却をお考えの方に向けて、任意売却と引っ越し費用の関係についてご紹介しました。
任意売却で引っ越し費用を出してもらうには、誠意をもって金融機関と交渉する必要があります。
引っ越し費用が出ないケースも想定して、ある程度貯蓄しておくことも重要ですね。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ