不動産売却の注意点!失敗しないコツや流れをご紹介!

2022-05-31

不動産売却の注意点!失敗しないコツや流れをご紹介!

不動産売却は、一生で何度も経験することではありません。
だからこそどういった流れで進んでいくのか、分からないことが多いものです。
しかし分からないまま進めていくと、スムーズに売却できず後悔してしまうことがあります。
そこで不動産売却の注意点について、ご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の注意点!離婚が原因の場合に気を付けること

不動産売却は、どんなタイミングでおこなうかによって注意点が変わってきます。
とくに注意が必要なのが、離婚時に不動産売却をおこなう場合です。
離婚時に不動産売却する場合は、通常の売却では問題にならない点にも注意しなければなりません。
財産分与をおこなう場合、住宅ローンを完済していれば、返済後の売却額を分配するのが一般的です。
しかし、オーバーローン状態にあるときは、不動産売却そのものをおこなえないかもしれません。
その際には任意売却するなどの必要があるので、注意しておきましょう。
また、不動産売却は、名義人でなければできません。
そのため、共有名義などの場合は、双方の同意がなければ売却できない点も注意点の1つです。
さらに離婚による不動産売却は売る時期にも注意しましょう。
離婚が成立する前に売却して財産分与をおこなうと、贈与税が発生してしまうという注意点も頭に入れておいてください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の注意点!媒介契約の種類

媒介契約の種類や売り方の違いも、不動産売却における注意点の1つです。
売却には、個人間取引による売却、買取による売却、仲介による売却の3種類があります。
個人間の取引は、親戚同士など取引は限定的ですが、トラブルが発生する可能性が高いため、あまりおすすめできません。
買取による売却は、不動産会社が買主となる不動産売却の方法で、売却活動が不要なため完了までの期間が短い、仲介手数料が不要などメリットがあります。
しかし、売却価格が安くなる点は注意点の1つです。
仲介での売却は、不動産会社と結ぶ媒介契約の種類についても知っておきましょう。
媒介契約は次の3種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専属媒介契約
  • 専属専任媒介契約

3つの違いは、複数社との契約の可否や自己発見取引の可否、報告義務についてなどです。
これらの違いを把握し、自分に合った媒介契約を締結することでスムーズな売却が見込めるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却には、いくつもの注意点が存在します。
とくに離婚時におこなう場合など、通常では問題にならない点にも注意を配らなければなりません。
また失敗しないためには、媒介契約の種類についても把握しておくことも重要です。
自分に合った方法で売却しましょう。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ