空き家が社会問題に!大磯町でおこなわれている対策は?

2022-05-31

空き家が社会問題に!大磯町でおこなわれている対策は?

近年、高齢化社会が進む日本では空き家が社会問題となってきています。
年々増え続ける空き家を適切に管理するため、空き家対策に力をいれる自治体も増えてきました。
そこで大磯町の空き家対策について、ご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

大磯町の空き家対策!特別措置法とは?

空き家とは、居住その他の使用がなされていないことが常態化している建物のことを指します。
適切に管理されていない空き家は、景観上の問題や老朽化による家屋の倒壊といったさまざまな問題を抱えています。
このような背景から平成26年11月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立しました。
この特別措置法では、実態調査や管理の指導、「特定空家」の指定・助言・指導・勧告・命令などの権限が定められています。
これにより、大磯町では空き家の把握や管理不全の空き家に対する施策を推進するため、平成29年度より「大磯町空家等対策に関する指針」を運用してきました。
この大磯町空家等対策計画によると、令和2年の空き家数は292戸となっており、令和5年の見込み値が391戸、令和10年の見込み値が556戸となっています。
これに対し、目標値は令和5年で293戸以下、令和10年で278戸以下に設定されています。
この計画は、2021年度から2030年度までの10年間、市街化区域、市街化調整区域を含めた町内全域を対象範囲に進めていく予定です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

大磯町の空き家対策!空き家になってしまったときの対処法は?

特別措置法の制定により、「特定空家」に指定されると助言、指導、勧告、命令などをおこなえるようになりました。
従わなかった場合、罰金や行政代執行をおこなえます。
もちろん大磯町も例外ではありません。
そのため、空き家にならないように対策、空き家になってしまったときの対処法を考えておくことが重要です。
不動産を使用しない場合、賃貸住宅として貸し出す、売却するなどの対処法を考えておきましょう。
一般の売却が難しい場合には、不動産会社による買取なども視野にいれて検討してください。
大磯町では、平成27年6月に空き家相談窓口を開設しています。
空き家の管理や活用法に対する相談に対応しているため、一度相談してみると良いでしょう。
「特定空家」に認定されると固定資産税が増加することもあり、早めに対策することが重要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

空き家が社会問題となったことで、空家等対策の推進に関する特別措置法が制定されました。
これにより、空き家に対してこれまで以上に強い措置が取れるようになっています。
大磯町では空き家対策として、相談窓口を開設するなどさまざまな対策をおこなっています。
「特定空家」に認定されないためにも、早い段階で売却するなどの対処法を検討しておきましょう。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ