オーバーローンでの不動産売却とは?調べ方や売却方法をご紹介!

2022-06-14

オーバーローンでの不動産売却とは?調べ方や売却方法をご紹介!

「不動産売却をしたいけれど、住宅ローンの残債はどうなる?」「残債が残っていても売却する方法はあるの?」そんな疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。
実は住宅ローンが完済できなくても、方法によっては売却することは可能です。
今回はオーバーローンの調べ方や、売却方法について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるオーバーローンとは?

オーバーローンとは、不動産売却価格よりも住宅ローンのほうが高い状態のことをいいます。
住宅ローンを利用して不動産購入した場合は、売却の際に住宅ローンを完済しなければなりません。
そのため、オーバーローンの状態では住宅ローンが完済できず、不動産売却をすることができません。
オーバーローンとは逆に、住宅ローンよりも売却価格が高いことをアンダーローンといいます。
アンダーローンでは住宅ローンを完済できるため、不動産売却も問題なくおこなうことができます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるオーバーローンの調べ方

オーバーローンかどうかの調べ方は、住宅ローン残高と、不動産売却価格を調べることでわかります。
住宅ローン残高は、借り入れ先の金融機関から届いているローン返済計画書や残高証明書を確認します。
手元にない場合は、金融機関に問い合わせをして確認しましょう。
不動産売却価格の調べ方は、不動産会社に家の査定をしてもらうことで予想売却価格がわかります。
住宅ローン残高と不動産売却価格を比較して、住宅ローンが高い場合はオーバーローンです。
オーバーローンの状態でも、売却方法によっては不動産売却が可能になります。
次に、オーバーローンの状態でも可能な不動産売却方法についてご紹介します。
現金で支払う
住宅ローンの返済ができない場合、足りない分を現金で支払う方法です。
預貯金から引き出す、車を売却する、親族から借りるなど、現金を補うことで不動産売却が可能になります。
買い替えローンを利用する
住み替えでの売却なら、ローン審査に通ることで買い替えローンを利用することができます。
買い替えローンを利用すれば、新居の住宅ローンと残った住宅ローンを合わせて返済していくことが可能です。
任意売却する
借り入れ先の金融機関の同意が得られれば、オーバーローン状態でも任意売却によって不動産売却が可能です。
任意売却は競売と違い、通常の不動産売却の方法で売却活動を進めることができます。
ただし、不動産売却後も残った残債は、毎月返済を続けていくことになります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は、不動産売却におけるオーバーローンの調べ方や、売却方法について解説しました。
不動産売却時に住宅ローンが完済できないオーバーローンでは、売却方法に工夫が必要です。
オーバーローンの不動産売却でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ