不動産売却におけるインスペクションとは?メリットとデメリットを解説!

2022-06-21

不動産売却におけるインスペクションとは?メリットとデメリットを解説!

不動産売却において、インスペクションという言葉を聞いたことがありますか?
インスペクションとは、専門家によっておこなわれる住宅の状況調査のことです。
今回は、平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方へ向けて、不動産売却におけるインスペクションについて解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に必要なインスペクションの目的とは?

不動産のインスペクションとは、建築士などの専門家が、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の調査をおこなうことです。
調査方法は目視が中心で、そのほかに触診や打診、作動確認などをおこないます。
インスペクションの目的は、中古住宅でも新築物件のように品質保証をすることです。
既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士しか調査をおこなうことができないため、正確で公平な診断をしてもらえます。
インスペクションをおこなうタイミングは、売却活動を開始する前が良いでしょう。
インスペクションに合格した場合は、そのまま売却活動を進めますが、不合格の場合は修繕をするか、それとも売り出し価格を下げるかなどを検討する必要があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に必要なインスペクションのメリット・デメリット

インスペクションにはメリットとデメリットがあります。
インスペクションの3つのメリット

  • 早期売却できる可能性が高まる
  • 不動産の価値を高められる
  • 売却後のトラブルを防ぐことができる

インスペクションに合格した不動産は安心できるため、早く売却できる可能性が高まります。
また、建物そのものの価値を高めることにも繋がります。
中古住宅の取引では、引渡し後の物件に不具合などの問題が生じた場合、トラブルになることがありますが、インスペクションをおこなっていればあらかじめ建物の状態を把握できるため、トラブルを防ぐことができます。
インスペクションの2つのデメリット

  • 費用と調査期間がかかる
  • 不具合の修繕費がかかる可能性がある

インスペクションをおこなう際には費用がかかります。
相場としては、5万円前後が一般的です。
また、インスペクションをおこなってから報告まで、2週間程度かかるため、時間に余裕を持ってスケジュールを立てる必要があります。
さらに、不具合が見つかった場合は修繕費が発生する可能性があることもデメリットと言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却におけるインスペクションとは、専門家によっておこなわれる住宅の状況調査のことです。
安心して不動産を売却するためにも、インスペクションの実施を検討してみてはいかがでしょうか。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ