不動産売却時の注意点とは?相続時や媒介契約について

2022-06-28

不動産売却時の注意点とは?相続時や媒介契約について

不動産売却を初めておこなうときには分からないことが多く不安になってしまいますよね。
とくに相続した不動産の売却では複雑な手続きもありお悩みの方もいるかも知れません。
ここでは平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却を検討している方に向けて、相続時や媒介契約など不動産売却の注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産売却をするときの流れと注意点

不動産を相続し売却する場合には、遺言状の有無を確認してから相続人を確定し、遺産分割協議をおこなった後に相続登記(名義変更)をする必要があります。
このとき一人ですべての遺産を相続する単独相続では、遺産分割協議はおこなう必要がなく不動産の相続登記後に不動産売却を進めることができます。
しかし相続人が複数人いる場合には遺産分割協議をおこない、誰がどのように遺産を相続するのか話し合い遺産分割協議書を作成するのが一般的といえるでしょう。
相続財産の分け方には土地や預貯金などの現物をそれぞれが相続する「現物分割」といった方法のほか、分割しにくい不動産の場合には売却後に現金を均等に分ける「換価分割」といった方法もあります。
しかし相続した不動産は相続後3年以内に売却しなければ、売却後にかかる税金を節税することができる「相続税の取得加算費の特例」を受けることができません。
そのため相続した不動産を売却する場合にはタイミングを逃さないように注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産売却で媒介契約するときの注意点

不動産売却をおこなうときには「仲介売却」を依頼することが一般的です。
仲介売却とは媒介契約を結んだ不動産会社が、売却活動などで買主を探し売買契約を成立させる方法のことで、契約を成立させた成功報酬として仲介手数料を支払います。
媒介契約には3つの種類があり、注意点としてはこの3種類から自分に合った契約を選ぶということが挙げられるでしょう。
一般媒介契約は複数の不動産会社と契約を結べる一方で、活動報告義務や、不動産会社のみが閲覧できる不動産情報システムの「レインズ」への登録義務、契約有効期間がありません。
そのため売却活動に力を入れなくとも売れやすい立地の物件には向いています。
しかし中古住宅など売却活動に力を入れてほしい物件では、1社のみの契約で活動義務報告やレインズへの登録義務、契約有効期間を設けている専任媒介契約や専属専任媒介契約を選ぶことをおすすめします。

仲介売却と買取

不動産売却には上記でご紹介した仲介売却のほかにも、不動産会社が直接物件を買い取る「買取」という方法があります。
買取は相場より価格が低くなる可能性はありますが、仲介手数料が不要で買主を探す必要がないためスピーディーに売却できるのが特徴です。
できるだけ早く不動産売却をしたい方は選択肢の一つとして検討してみましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

相続した不動産売却をおこなうときには、いくつかの注意点に気を付けることでリスクを回避できることがあります。
しかし相続など複雑な事情で不動産売却にお悩みの方は、信頼できる専門家に相談するのがおすすめです。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ