私道に面した不動産の売却に必要な通行・掘削承諾書とは?

2022-07-05

私道に面した不動産の売却に必要な通行・掘削承諾書とは?

売却しようとしている不動産が私道に接している場合は、通常よりも気を付けなければならないことがあります。
とくに、通行・掘削(くっさく)承諾書がないと工事ができないので注意が必要です。
この記事で通行・掘削承諾書について解説するので、平塚市・大磯町・二宮町エリアで不動産売却を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に役立つ通行・掘削承諾書とは?

通行・掘削承諾書とは、私道に接した不動産を売却する際に、私道の所有者が下記の2点を承諾していることを証明する書類です。

  • 私道を車両や人が無償で使用できること
  • 上下水道管とガス管の埋設と引き込み工事ができること

上記2点は、私道に接した土地へ建物を建設する際の必須要件です。
私道を使用できないと、工事自体ができなくなってしまうので、売主は必ず通行・掘削承諾書を得る必要があります。
大前提として、私道には人や車両の通行に制約があると覚えておきましょう。
私道は個人が所有しているので、使用には所有者の考えが反映されます。
たとえば、袋地状の私道は、一般の通行を禁止しているケースが多く見られます。
所有者が一般の人や車両の通行を禁止していると、私道を使用できないため、不動産売却に大きな影響を及ぼすのです。
そこで、通行・掘削承諾書を持っていれば、私道の使用が許可されているので不動産売却に役立ちます。
私道の所有者とトラブルにならないように、あらかじめ書面で使用の許可を取っておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

私道に接した不動産売却で通行・掘削承諾書の注意点とは?

通行・掘削承諾書は、私道に接した不動産を売却する際に必要ですが、下記の注意点があります。

  • 私道の所有者全員から承諾を受ける
  • 親が生前している間に持分の問題を解決する

まず、私道の所有者が複数名いる場合の注意点は、全員から通行・掘削承諾書で許可を得ることです。
私道の所有者との関係が良ければ、あまり苦労しないことが予想されます。
しかし、関係が良くないと承諾を得られない可能性があり、不動産売却が進まなくなるかもしれません。
また、私道の持分がある場合は、通行・掘削承諾書がなくても通行や工事の問題を解決できます。
しかし、親の実家を売却するケースでは、子ども世代が持分のことを把握していない場合がほとんどです。
そのため、親が生前している間に持分のことを確認しておきましょう。
上記の注意点をよく理解すると、不動産売却に役立ちます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

通行・掘削承諾書とは、私道に接した不動産を売却する際に必要な書面です。
私道の問題は、所有者の関係性も重要となるため、余裕を持って解決することをおすすめします。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ