売れにくい不動産とは?売ることはできる?

2022-07-12

売れにくい不動産とは?売ることはできる?

不動産のなかには、売れにくいといわれる物件があります。
売却価格が相場よりも高い、特殊な不動産で需要がないなど原因はさまざまですが、再建築不可という場合もあります。
再建築不可の場所では、新たに家を建てることができないのでどうしても価値が下がってしまい売りにくくなってしまいます。
ここでは再建築不可となる条件と、売れにくいとされているテラスハウスと賃貸併用住宅についてご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

売れにくい不動産1 再建築不可とは?

再建築不可とは、新たに建築できない場所の不動産のことを言います。
再建築不可となる条件は複数ありますが、接道義務で次のように決められています。

  • 道路に面してない
  • 幅が2m以上の道路または通路に接していない

新築物件を建てる場合、緊急車両が通れるように基本的に幅が4m以上の道路に接している必要があります。
しかし、実際には市町村が定めていることが多く、手続きをすれば建築可となる場合もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売れにくい不動産2 テラスハウスとは?

テラスハウスとは、集合住宅の一種で主に2階建ての連棟式戸建住宅のことをさします。
専用の庭や駐車場があり、戸建て感覚で住むことができるので人気ですが、売却する場合は次のような理由から売れにくい物件となってしまいます。

  • 単独で建て替えることができない
  • 売却価格が低くなりやすい
  • 棟数が多いほど売れにくい

たとえば、3棟つながったテラスハウスのうち1棟所有者が売りに出して解体してほしいといっても、残り2棟の承諾が必要となります。
テラスハウスは、壁でつながっている建物ですが、共有部分が存在しないので単独で売りに出すことは可能です。
しかし壁でつながっているので切り離しが難しく、その工事をおこなうことに承諾が必要となるのです。
また、テラスハウスには築年数が古い建物が多く、現行建築基準法を満たしていないことが考えられます。
そうすると、切り離しがおこなえたとしても再建築不可となる場合があるのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売れにくい不動産3 賃貸併用住宅とは?

賃貸併用住宅とは、1つの建物の中に自宅部分と賃貸物件の部分を合わせ持った住宅のことをいいます。
賃貸物件の部分には居住用だけでなく店舗やオフィスである場合もあります。
自宅でありながら、家賃収入を得ることで住宅ローンの返済をおこなうことができるタイプですが、売りたいと考えたときに、全体の造りが不便で中途半端なものとなってしまうのです。
自宅用に購入すると考えた場合にも、賃貸物件の部分が使いづらくなってしまいます。
リフォームの必要が出てくる場合も多く、手を入れないといけない部分が増えることで買い手がつきにくくなり、結果売れにくい物件となってしまうのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

再建築不可物件や、テラスハウス・賃貸併用住宅は売れにくいとされている物件です。
しかし、売れにくいとされている条件をクリアしていくことで、売ることは可能です。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ