相続で不動産を共有にすることの概要をご紹介

2022-07-19

相続で不動産を共有にすることの概要をご紹介

不動産を相続する予定のある方のなかには、相続人が複数いるケースが多いと思います。
また「共有」とは、不動産相続においてどのような意味を持つのでしょうか。
この記事で解説していくので、平塚市・大磯町・二宮町で不動産相続を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

相続で不動産を共有することとは?

不動産相続における共有とは、複数の所有者でひとつの土地や建物を所持することを意味します。
くわえて、持分割合とは、各相続人が不動産に対して持つ所有権の割合のことです。
なお、それぞれの持分割合が異なっていても、不動産を共有していることには変わりません。
仮に、相続した不動産で暮らすことになっても、居住者は不動産全体を使用できます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産の共有持分でなにができるの?

ここからは、不動産の共有持分でできることを解説します。
まずは、保存行為です。
保存行為とは、相続した不動産を維持していく行動のことです。
たとえば、現状維持するためのリフォームや、共有不動産の使用が当てはまります。
保存行為は、持分所有者が単独でおこなうことが可能です。
次に、管理行為について解説します。
管理行為とは、相続した不動産を管理するための行動で、賃貸物件としての利用や、資産価値を高めるためのリフォームなどが当てはまります。
なお、管理行為は単独では実現できず、持分所有者の過半数の合意が必要です。
最後に、処分行為について解説します。
処分行為とは、相続した不動産に変更をくわえることです。
たとえば、不動産の解体や売却が当てはまります。
処分行為をおこなうには、持分所有者全員の同意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産の共有で考えられるトラブルとは?

不動産を複数人で共有している場合は、トラブルが起こりやすいといわれています。
たとえば、百人単位で不動産を所有する「メガ共有」と呼ばれる例です。
相続が何代にもわたって生じているにも関わらず、長年放置された状態のままなので、所有者全員の同意を得ることは難しい事例です。
また、共有者が少ない場合でも、固定資産税や修繕費用の支出でトラブルが起こるケースが見られます。
このように、複数人で不動産を所有していると、一人の意思では決められないことが多く、場合によってはトラブルが生じてしまうのです。
トラブルが生じたときの解決策として、共有物分割請求訴訟をおこなう手段があります。
共有物分割請求とは、裁判所をとおして不動産を共有している状態を解消し、合理的に裁定してもらいます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

相続した不動産を複数の所有者で共有すると、トラブルが生じることがあります。
万が一、共有している不動産のことでお悩みがあれば、弊社へご相談くださいね。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ