不動産売却時に活用すべきレインズとは?その仕組みと利用の流れをご紹介

2022-08-23

不動産売却時に活用すべきレインズとは?その仕組みと利用の流れをご紹介

不動産取引のインフラ的存在である「レインズ」をご存じでしょうか。
レインズとは、不動産物件情報交換のためのネットワークシステムです。
一般の方はアクセスできませんが、不動産売却時に物件情報がレインズに掲載されることにより、早く情報が広まるというメリットのあるシステムです。
今回は、このレインズについて解説します。
レインズとはなにか、どのような流れで利用できるのかを知っておきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

レインズとは?不動産売却前にその仕組みを知っておこう!

まずはレインズの仕組みをご紹介します。

レインズとは?

レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムのことです。
レインズは不動産取引の適正化と円滑化を目的としており、会員の不動産会社だけが物件情報の登録や検索が可能です。

レインズの仕組みは?

会員の不動産会社が、売りたい方の依頼を受け物件情報を登録します。
その物件情報は不動産業界全体で共有され、ほかの不動産会社の顧客へも物件が紹介されるという仕組みになっています。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却においてレインズを利用する流れを知っておこう!

次にレインズを利用する流れをご紹介します。

レインズ活用の4ステップ

1.不動産会社へ査定依頼 
まず、不動産会社へ売却の相談・査定の依頼をおこないます。
レインズでは過去の成約価格も検索できるため、査定の参考価格としても利用されます。
平塚市・大磯町・二宮町周辺で不動産売却をご検討中の方は、ぜひ弊社へご相談ください。
2.媒介契約の締結
提示された査定額に納得したら、正式に売却を依頼するための媒介契約を不動産会社と締結します。
媒介契約は3種類あり、そのうち専任媒介契約と専属専任媒介契約だけにレインズへの登録義務があります。
3.レインズへ物件登録
不動産会社により物件情報がレインズへ登録されます。
4.売買契約後、レインズへ成約登録
成約後、不動産会社により成約情報がレインズへ登録されます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にレインズ登録義務のある2種類の媒介契約とは?

レインズへの登録義務がある2種類の媒介契約の特徴をご紹介します。

専任媒介契約

専任媒介契約では締結後7日以内にレインズへ登録され、2週間に1回以上の活動報告を受けることができます。
1つの不動産会社とのみ締結できる契約ですが、売主が自らみつけた買主と売買することも可能です。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約では締結後5日以内にレインズへ登録され、1週間に1回以上の活動報告を受けることができます。
1つの不動産会社とのみ締結できる契約で、売主が自らみつけた買主とも不動産会社をとおして売買する必要があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

レインズへ登録した物件情報は全国の不動産会社で閲覧できるため、登録することで成約する確率が高まります。
不動産を売却するときにはぜひ活用しましょう。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ