雨漏りしている家の売却は告知義務あり!スムーズに買取してもらう方法とは?

2022-08-30

雨漏りしている家の売却は告知義務あり!スムーズに買取してもらう方法とは?

売却したい家が雨漏りしていると、スムーズに売れるのか不安になりますよね。
雨漏りのある家でも、いくつかのポイントを抑えておくと売却しやすくなる可能性があります。

\お気軽にご相談ください!/

雨漏りしている家の売却に必要な告知義務とは?

売却したい家が雨漏りしている場合、それを告知する義務があります。
雨漏りは、物件が抱える不具合である「物理的瑕疵」の一つです。
告知義務があるのに告知せずに家の売却をすると、責任を問われる可能性があります。
契約不適合責任といい、契約内容と実際の家の状態が違っていた際に違約金や修繕費用の責任を売主が負うことになります。
たとえ雨漏りの修繕を終えている状態での売却でも、過去に雨漏りがあった事実を告知する義務があります。
口頭での告知だけでなく、重要事項説明書にも記載しておくと売却時のトラブルを防ぐことができます。
逆に雨漏りを告知しなかった場合、発生した損害の賠償請求をされることがあります。
損害賠償は高額になることもあるため、トラブルを避けるためにも告知は必須です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

雨漏りのある家をスムーズに売却する方法とは?

雨漏りのある家を売却する際、できるだけスムーズに高値で売却したいですよね。
家の状態などにもよりますが、いくつかの方法があります。
一つ目は、不動産仲介業者に雨漏りを告知し、修繕や売却価格を相談しながら売却を進める方法です。
売却までに時間がかかることはありますが、売却に関する相談ができるので安心して契約を進めることができます。
二つ目は、事前に修繕してから売却する方法です。
雨漏りを修繕しても告知義務は残りますが、修繕は買主への安心材料となります。
修繕の費用はかかりますが、スムーズに売却しやすくなります。
三つ目は、解体して更地の状態で売却する方法です。
家が古い場合は、解体して更地にしてから売却する方法もあります。
解体費用や時間はかかりますが、土地だけのほうがスムーズに売却できる場合もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

雨漏りした家を不動産買取で売却するメリットは?

雨漏りした家の売却には、瑕疵物件を扱う不動産買取の利用も選択肢の一つです。
不動産買取の場合、修繕しなくても買取してくれるため、スピーディに売却を進めることができます。
ただし、瑕疵物件の不動産買取では、売却価格が一般的な相場価格の7割程度になることが多いです。
それでも修繕費用が不要でスムーズに売却できるため一概にデメリットとは言えません。
また不動産買取の利用には、仲介手数料が発生しません。
買取価格は安くなりがちですが、仲介手数料が発生しないことはメリットといえるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

雨漏りのある家の売却には、それを告知する義務があります。
家の状態によっては、修繕や解体をしてから売却する方法もあります。
不動産買取を利用すると、買取価格は7割ほどになることが多いですがスピーディな売却が可能です。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ