相続した不動産を売却するメリット・デメリットとは?ポイントもご紹介

2022-09-13

相続した不動産を売却するメリット・デメリットとは?ポイントもご紹介

「両親から不動産を相続したけれど、活用できていない」と悩んでいる方は少なくありません。
近々不動産を相続する予定があり、売却を検討している方もいることでしょう。
そこで、今回は平塚市・大磯町・二宮町で相続した不動産の売却をご検討中の方に向けて、相続した不動産を売却するメリット・デメリットや売却時のポイントについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するメリットとは?

相続した不動産を売却することによって得られるメリットは、費用面の負担が大きく減るということです。
不動産を相続すると、維持費や管理費、税金が発生します。
誰も住んでいなくても、放置していたとしても税金は毎年納める義務があり、維持管理を怠ると「特定空き家」に指定され、過料が発生する恐れもあります。
相続した不動産を売却することで、さまざまな費用の負担がなくなることが大きなメリットとなるでしょう。
不動産は現金のように平等に分けられないため、相続人のなかには不満に思っている方もいるかもしれません。
相続した不動産を売却し、現金化することによって親族間のトラブルも起きにくくなります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するデメリットとは?

相続した不動産を売却することによる大きなデメリットは所有権がなくなることです。
不動産を売却するということは、自分が所有する物件ではなくなるため、売却以降は収益を得ることができません。
たとえば、賃貸物件として活用したり、更地にして農業をしたりすることが出来なくなります。
また、不動産の売却による利益に「譲渡所得税」が課せられます。
このように収益や譲渡所得税の面でデメリットはありますが、売却をしない場合も費用面の負担は大きいです。
相続する不動産を売却するときは、重要視する部分を慎重に考えて判断しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するときのポイントをご紹介

相続した不動産を売却するときに押さえたいポイントは「売却方法」と「共有名義」です。
不動産の売却方法には、仲介と買取があります。
売却方法は適当に決めず、不動産の立地条件や築年数などを参考に検討することがおすすめです。
たとえば、駅近や築年数が浅い不動産の場合は、購入希望者が比較的早めに見つかる傾向があるため仲介を選択する、古い不動産の場合は買取を依頼する、というような方法で決めると良いでしょう。
また、相続した不動産が共有名義の場合、1人の意思で売却することはできません。
売却を検討している時点で、共有者の理解を得ておくことが大切です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

相続した不動産を売却するメリットは費用面の負担がなくなること、デメリットは所有権が無くなることです。
メリットやデメリット、売却のポイントをきちんと把握してから判断しましょう。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ