中古住宅は処分するべき?処分方法と所有するリスクとは

2022-09-20

中古住宅は処分するべき?処分方法と所有するリスクとは

中古住宅を所有している方のなかには、処分したほうが良いのか所有し続けたほうが良いのか迷っている方も少なくありません。
そこで平塚市・大磯町・二宮町で不動産の売却をご検討中の方に向けて、中古住宅の処分方法と不要な中古住宅を所有し続けるリスク、売却の際の注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

中古住宅を処分する方法

不要な中古住宅の処分には下記の方法があります。

  • 中古住宅として建物ごと売却
  • 買取で売却
  • 寄附する

自分にとっては不要でも中古住宅として建物ごと売却すると買い手が付く可能性があり、立地条件などがよければ高値で売れるケースもあります。
また、早く現金化したい方には買取もおすすめです。
買取は不動産会社が直接買い取る方法なので、相場よりも安い売却金額になりがちですが買主を探す時間と手間がかかりません。
さらに、自治体や法人に寄附する方法もあります。
利益は得られませんが、不動産の所有によって生じる金銭的負担から解放されるメリットが得られます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

中古住宅を処分せずに所有し続けるリスク

不要な中古住宅を所有し続けると、以下のようなリスクが生じる恐れがあります。

  • 税金の負担
  • 管理責任
  • 特定空き家への指定

使っていない住宅でも毎年固定資産税はかかるので、所有している限り納め続けなければなりません。
また所有者に管理責任があるので、定期的な空気の入れ換えや庭木の手入れなどをおこなう必要があります。
もし管理を怠って倒壊の危険性や衛生上の問題、周囲の景観を損ねる問題などが生じた場合は「特定空き家」に指定されます。
特定空き家に指定されると固定資産税の軽減税率が適用されなくなるので、金銭的負担が増加してしまうのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

中古住宅を処分するときの注意点

中古住宅を処分するときには、次の注意点に気を付けましょう。

住宅のみの相続放棄は不可能

相続の際に不要であれば相続放棄もできますが、住宅だけでなくほかの財産の相続も放棄することになります。
相続したい財産がある場合は相続放棄をしないほうが良いでしょう。

売却する際は家を空にする

中古住宅を売却するとき、家財道具や日用品はすべて空にして引き渡す点に注意が必要です。
ただし、買主が了承している場合は残した状態で引き渡すこともできます。

契約不適合責任

中古住宅の売却でとくに知っておきたいのは契約不適合責任です。
契約不適合責任とは、買主が引き渡した不動産が契約内容と異なっている際に売主が負う責任のことです。
不具合がある場合は契約時にすべて明らかにしておきましょう。
もし、契約後に明らかにされていない不具合が見つかると、補修や契約解除、損害賠償を求められる恐れがあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不要な中古住宅を処分しないで所有し続けていると、所有者が納税や定期的な管理などの負担を負うことになります。
負担を軽減するためにも、中古住宅としての売却や買取などによって手放すことを考えてみると良いでしょう。
平塚市・大磯町・二宮町で不動産売却をご検討中の方は、私たち「マイホーム湘南株式会社」にお任せください。
スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0463735536

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日 祝日

売却査定

お問い合わせ